ディズニーの終わり

| トラックバック(0)
まぁ最近はディズニーが終わりを迎えているそうです。
ディズニーっていっても、
映画会社の方ではなくて、
日本のオリエンタルランドがやっている、
東京ディズニーリゾートの話ですけどね。

なんで、終わりを迎え始めているかというと、
そのブラックぶりが伝え始められているからっていうのもあるでしょうね。
まさにブラックバイトです。

もう奴隷のように低賃金でこき使われるんだとか。
みんなが笑顔の裏には、
そういう奴隷たちの必死のすがたがあったんですね。
恐ろしい国。

輝いているけど、そこは恐ろしい恐怖政治が行われていた
っていうことがよくわかったわけです。

まぁそれ以外にも色々とありますね。
ものすごく入園料がたかくなったりとか
いろいろとありますからね。

すさまじい高い値段。
そんなところに行ける人は、だんだんと減るわけです。
気軽にいける場所ではない。
頑張っていく場所にかわる。

と言う事は、入場者数が減るわけですね。

ちなみに動機の他のテーマパークは軒並み増収増益。
入場者数もどんどんと増えています。
でもオリエンタルランドだけは5%もの激減をみせたわけです。

つまり。
おわりを迎えたってことですね。
終わりですね。
さようなら。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kenjyuu.adg111.cher-ish.net/mt-tb.cgi/71

このブログ記事について

このページは、morimoriが2015年11月 1日 13:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テレビに出てる医師ってどういう基準で選ばれるんでしょうか」です。

次のブログ記事は「たまごを投げる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。