米NSAは違憲の疑い

| トラックバック(0)
まぁ正直にいって、
誰でも個人のプライバシーをさぐられるのっていうのは、
うれしいことではありませんね。
うれしいですか?
いや、うれしくないでしょ。
それが普通ってもんです。

去年末くらいからでしたっけ。
元CIAのスノーデン氏がNSAが行っている情報収集の情報を
持ち去り、そしてロシアに亡命して、
アメリカが行ってきた情報活動を暴露している話。
この件について、いろいろな波紋が生まれていますね。

各国の電話を盗聴しているとか、
インターネットの活動を監視しているとか
いろいろとありましたね。

でも、これはアメリカが国家国民に対するテロ行為を防ぐために必要なものである。
そういう風に言われています。
実際に、テロが起きる前に複数件を防止したという話もあります。

しかし今日のニュースで、
アメリカの市民活動家がおこした、NSA関連の裁判で、
NSAがテロを食い止めた例を挙げることができない。
てろの脅威がかかわる事件の捜査として有効かどうかは極めて疑わしい。
とsしたそうです。

そして、憲法が禁じている
不合理な捜査にあたるとの判断を示したそうです。
まぁ、、、
確かにプライバシーは激しく侵害していますよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kenjyuu.adg111.cher-ish.net/mt-tb.cgi/39

このブログ記事について

このページは、morimoriが2013年12月17日 12:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フィリピン台風の被害」です。

次のブログ記事は「バンコク閉鎖」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。